入門編2 必要な工具と選び方

■□絶対に必要な工具□■
・ニッパー
・ハンダコテ
・ハンダ
・電線(AWG28)

■□あるとベンリな工具□■
・皮むき
・ピンセット
・コテ先クリーナー又は濡れ雑巾
・ロジックテスター又はテスター

■□工具の選び方□■
ニッパー
工具を購入する上で意外と気を使うのがニッパー。
出来るだけ切れ味のいい状態で長く使いたいし、値段もピンきりなので非常に迷う。
ホームセンターに行けば数百円でも入手できるが、ある程度製作になれてきたら自分にあったものを選びたい。そこで購入時によく確認しておきたいポイントは次の通り。
切断能力と使用目的を確認する
数百円のニッパーには詳細は記載されていないと思うが、パッケージされている製品の場合、
・何を切るための物か
・銅線なら何ミリまで大丈夫なのか
を確認しよう。見た目だけで買ってプラスチック用だったりすると後悔するすることになる。
目安としては銅線で1.25mmまで可能なものだと不自由はしないだろう。

手の大きさにあったものを選ぶ
グリップのサイズは意外と多くあり、握った感じで力が入りやすいか?などの点を確認する。
また、各部品の切断を想定し、日ごろの握り方を思い出して確認してみよう。

ハンダコテ
電子工作をする上でもっとも判断しにくい工具といえるほど人それぞれである。 まず、購入する際には電子部品を想定するため、
・セラミックヒーター
・30W以下ぐらいの物
を選ぼう。ニクロムヒーターのものは安価でホームセンターでも入手できるが、 部品によってはハンダコテから出てくる電気によって部品を壊してしまう可能性があるからだ。 セラミックヒーターの場合はそれらの問題を解消するために絶縁処理されている。








もっと自分にあったこて先を探したい方へ「白光のコテ先選択ガイド」を紹介
http://www.hakko.com/japan/tip_selection/
なお、ハンダコテのコツなどに関しては入門編2のハンダの方を見ていただきたい。

RSコンポーネンツ
はんだ とその他 はんだ用品 部品購入

カテゴリーから探す


関西ドローン安全協議会修了済み

モバイルショップ

広告