電子工作をエンジョイする!
イーフェローズ

     
  グラフィックLCDモジュール(TOPWAY LM12832CCW)を使ってみる
 
     
 

TOPWAYのLM12832CというグラフィックLCDが入手できたので試してみたいと思います。大きさの割には解像度があり、バックライトもついていて視認性も悪くないです。

※注意:マイコンボードは3.3Vを使用して下さい。

 
 
 
接続状態   配線例
     
 
外観図   接続ハーネス図面
 
   
  ■□使用機器□■  
  使用機器は下記のとおり。他、パソコンや電源、PICKIT2も当然ながら必要です。使い方はいたってシンプル。lm12832ccw.cを頭でインクルードし、起動時にlcd_ini()で初期化し、lcd_bitmap8();で書き込みます。  
     
 
グラフィックLCDモジュール TOPWAY LM12832CCW
マイコンボード(PIC16F1947搭載) ZEATEC co.,ltd. ZT-PIC16F194701(3.3V仕様)
 
     
  プロジェクトファイルも含めたサンプル zt-16f194701_lm12832ccw.zip  
  接続ハーネスの図面 Harness_LM12832CCW.zip Harness_LM12832CCW.pdf  
  開発環境:MPLAB_IDE_8_92 + CCS-C PCMコンパイラVer.4.132  
     
 
/*****************************************************************************************
グラフィックLCDモジュール(TOPWAY LM12832C)用ライブラリ 2016/4/1作成

□提供元
ZEATEC co.,ltd. 

□ご利用について
転載・無断使用可です。このライブラリを使用した上での不具合等に関しては、いかなる内容におい
ても一切の責任を追わないものとします。

□使用方法
lcd_ini()をスタートアップに入れ、用途に合わせて下記を定期的(0.1sec単位ぐらい)に実行する。
フォントのデータはfont_data.cを修正することで記号なども追加できます。イメージデータの場合は、
image_data.cデータを修正してください。1バイト単位のデータ作成は伊藤 哲雅様作のLCD_Imageが
便利です。

1バイト単位のビットマップデータの場合 lcd_bitmap8();
4バイト単位のビットマップデータの場合 lcd_bitmap32();
テキストの場合は行番号を指定してからテキストを送信。
lcd_start(0);
printf(lcd_char,"ZEATEC co.,ltd.ジーテック ");
lcd_start(1);
printf(lcd_char,"AN0=%04lumV , RA1=%u    ",analog_value,port1_ra1);
lcd_start(2);
printf(lcd_char,"TOPWEY LM12832CCW     ");
lcd_start(3);
printf(lcd_char,"Dot128x32 , Text21x4  ");

□接続方法
RE0 = DB0
RE1 = DB1
RE2 = DB2
RE3 = DB3
RE4 = DB4
RE5 = DB5
RE6 = DB6
RE7 = DB7
RF0 = W/R
RF1 = A0 1:DisplayData 0:ControlData
RF2 = /RES 1:Run 0:ini

上記以外の配線はLCDモジュール上またはハーネスによってVDDおよびVSSと接続する。
/CS = Vss
/RD = Vdd
BLA = Vdd
*****************************************************************************************/

void lcd_ini();
void lcd_cmd();
void lcd_data();
void lcd_write();

int contrast_lavel = 0x28;

//LCDにコマンド送信
void lcd_cmd(int cmd){

    output_bit(PIN_F1,0);// A0 0:Control data.
    output_e(cmd);// DB0-7
    output_bit(PIN_F0,!1);// /WR 0:Write enable input active.
    //delay_cycles(4);//tah8 14nsec以上
    output_bit(PIN_F0,!0);// /WR 0:Write enable input active.
}

//LCDにデータ送信
void lcd_data(int cmd){

    output_bit(PIN_F1,1);// A0 1:Display data.
    output_e(cmd);// DB0-7
    output_bit(PIN_F0,!1);// /WR 0:Write enable input active.
    //delay_cycles(4);//tah8 14nsec以上
    output_bit(PIN_F0,!0);// /WR 0:Write enable input active.
}

//LCDを初期化
void lcd_ini(){

    //初期値
    output_bit(PIN_F2,!1);// /RES 0:stop.
    output_bit(PIN_F1,0);// A0 1:Display data. 0:Control data.
    output_bit(PIN_F0,!0);// /WR 0:Write enable input active.

    //RESET
    output_bit(PIN_F2,1);// /RES SET
    output_bit(PIN_F2,0);// /RES RESET
    delay_ms(10);
    output_bit(PIN_F2,1);// /RES SET
    delay_ms(100);

    contrast_lavel = 0x28;//Default Contrast Level 
    lcd_cmd(0xaf);//Display ON
    lcd_cmd(0x40);//Set display Start line=0
    lcd_cmd(0xa0);//ADC = 0 :SEG1 -> SEG128
    lcd_cmd(0xa6);//Normal display
    lcd_cmd(0xa4);//Disible display all point
    lcd_cmd(0xa3);//Bais = 1/5 (duty=1/33)
    lcd_cmd(0xc8);//Common output mode select = reverse:C65->C1
    lcd_cmd(0x2f);//Power control = all on
    lcd_cmd(0x23);//RA/RB setting
    lcd_cmd(0xf8);//Booster Rabit = 4x
    lcd_cmd(0x00);//(tow byte command)
    lcd_cmd(0x81);//E-Vol setting
    lcd_cmd(contrast_lavel);//(tow byte command)
}

void lcd_start(int row){
    lcd_cmd(0xb0+row);//select page 0-3
    lcd_cmd(0x10);//start form colum 4
    lcd_cmd(0x00);//(tow byte command)
}

void lcd_char(char c){
    lcd_data(font[c-0x20][0]);
    lcd_data(font[c-0x20][1]);
    lcd_data(font[c-0x20][2]);
    lcd_data(font[c-0x20][3]);
    lcd_data(font[c-0x20][4]);
    lcd_data(0x00);
}

//表示データ送信
void lcd_bitmap8(){

    int tmp_data;
    long i,j;

    for(i=0;i<4;i++){
        lcd_cmd(0xb0 | i);//select page 0-7
        lcd_cmd(0x10);//start form colum 0
        lcd_cmd(0x00);//(tow byte command)
        for(j=0;j<128;j++){
            tmp_data = lcd_image8[(i*128)+j];
            lcd_data(tmp_data);
        }
    }

}

 
     
 


 
個人情報の取り扱いについて | 特定商取引法に関する表示
Copyright (C) 2011 E-Fellows All Rights Reserved.