温度計でファンを制御してみる

温度計LM61を使ったついでにファンも接続して制御してみました。温度によって停止、LOWスピード、HIスピードと変わります。

 

使用機器

使用機器は下記のとおり。他、パソコンや電源、PICKIT2も当然ながら必要です。
ファン DC12V用 テスト時は40mm 0.35Aの物を使用
高精度IC温度センサー Texas Instruments LM61CIZ
有機ELキャラクターディスプレイモジュール Sunlike Display Tech. Corp. SO2002AWYB-UC-WB-U
マイコンボード(PIC16F1947搭載) ZEATEC co.,ltd. ZT-PIC16F194701(5V仕様)

接続

接続は下記のとおりです。

マイコンボード
1 5V
2 GND
3 RA1
PORT1
 
----- 赤 ------
----- 黒 ------
----- 白 ------
 
LM61
1 VCC
3 GND
2 Vout
 
         
マイコンボード
1 12V
2 5V
3 GND
4 RE0
5 RE1
6 RE2
7 RE3
PORT2
 
--- 黄 ---
--- 赤 ---
--- 黒 ---
--- 白 ---
--- 白 ---
--- 白 ---
--- 白 ---
 
ZT-MOSFET04
1 12V
2 5V
3 GND
4 IN1
5 IN2
6 IN3
7 IN4
マイコン側
ZT-MOSFET04
1 VCC
2 GND
3 OUT1
4 OUT1
出力側
 
 
 
 
 
 
--- 赤 ---
--- 黒 ---
 
 
 
 
 
FAN
3  
2 +
1 -
引出し線
 
 
 

ちょっと解説

LM61に関しての解説はLM61を使ってみるの記事のほうをご確認ください。FANの制御に関してはON-OFFを10mSecサイクルぐらいをLOW出力として、HI出力はONという感じにしています。ON-OFFだけの制御では回転斑があってカラカラ音が少し多いような気もします。電圧を細かく制御するのはちょっと面倒なのでLOWの時は5V回路を組んでおいてそちらから供給するようにしたほうが良いかもしれません。

プロジェクトファイルも含めたサンプル 16f1947_lm61_fan
開発環境:MPLAB_IDE_8_92 + CCS-C PCMコンパイラVer.4.132

カテゴリーから探す


関西ドローン安全協議会修了済み

モバイルショップ

広告